LGBTの現状

LGBTの現状

LGBTの現状 世界の動向に合わせるように日本においてもLGBTの人を保護して、尊重する制度が導入されるようになってきています。例えば、学校の現場においては、学生を保護するための手引書が作られていて、先生方はその手引書に従って学生の立場を尊重することを目指しています。

更には、教育現場のみならず、これまでは認められていなかった、同性同士の婚姻関係を認めるという流れも多くの自治体で起こって来ています。今のところ条例のレベルで認められている制度ですので、例えば遺産相続の権利などに関してはそれに対する制度の改善を真面目に考えていくことが必要になって来ています。

また、レズビアンのカップル同士で、子供を作ることを考えた場合の生殖医療制度の導入も考えていかなくてはなりません。様々な制度改革が必要になって来ています。

家庭的な環境だけでなくて日本の職場においてもLGBTに対する対応が必要になって来ています。特にグルーバル化を目指している会社においては外国での流れに対応するために国内のどの企業よりも率先して制度の見直しが行われています。学校の現場と同じようにLGBTであっても不当な差別を受けることが無いような環境作りが多くの企業において行われています。

最新記事